代表的な性病の簡単な紹介をします

性行為を介して感染が広がる感染症が性病ですが、自覚症状が軽い場合もあることから適切な治療を受けないまま生活している人も少なくありません。
しかし放置しておくと、男性女性を問わず不妊症や重症化すると生命の危険に瀕することもあります。
代表的な性病の特徴や症状の要点を押さえておきましょう。

淋病
淋菌の感染により発症します。女性では子宮の入り口子宮頚管、男性では尿道部分の炎症から始まりますが、尿道炎になると排尿時に強い痛みや、膿が排出されるのが特徴です。但し女性では自覚症状に乏しく炎症が卵管や腹膜にまで波及してから淋病感染が発覚することもあります。
性器ヘルペス
単純ヘルペスウィルス感染が原因の性病で、男性では亀頭や陰茎、女性では外陰部分に痛みを伴う水疱が多数出来て、やがて破れて潰瘍(キズ)を形成します。性器ヘルペスでは皮膚症状のほかに発熱を伴うこともあります。
尖圭コンジローマ
ヒトパピローマウィルス感染を原因とする性病で、亀頭や会陰部、肛門の周辺にイボ状の腫瘍が多発するのが特徴です。尖圭コンジローマによるイボのサイズは米粒程度ですが、先端が尖っており、密集するとカリフラワー状を呈するようになります。
膣トリコモナス
同名の原虫を原因とする性病で、膣に炎症を起こします。悪臭を伴うオリモノ、外陰部のかゆみ、痛みなどの症状を呈します。膣トリコモナスは症状が比較的強く出る特徴があります。
膣カンジダ
カビの一種、真菌の感染による性病です。膣や外陰部に炎症をきたし、白色のポロポロしたオリモノ、膣や外陰部のかゆみや排尿痛を伴うことがありますが、膣カンジダは自覚症状が軽いため長時間放置されがちで、不妊症の原因になっている場合もあります。
梅毒
トレポネーマという細菌感染を原因とする性病です。初期症状は性器や肛門のしこり、リンパ節の腫れ、全身の発疹(バラ疹)など多彩な症状を呈しますが、梅毒は長期間にわたって全身の臓器に進行する特徴があるため、適切な治療を行わないと生命に関わることがあります。

性病の早期発見をするにはどうする?

性病は性器のかゆみやオリモノの増加など特徴的な自覚症状に乏しく、長期間放置される可能性があります。
性病に罹患したまま放置していると生殖機能を司る精巣や卵巣、卵管にも炎症が波及し不妊症の原因となっていることがあります。
そこで可能な限り早期発見することが重要です。

性病の治療は男性なら泌尿器科、女性なら婦人科を受診するのが一般的です。
早期発見のコツとしては、潜伏期間とわずかな体調変化に敏感になることが重要です。
潜伏期間は、淋病は短く2-10日、性器ヘルペスでは2日-3週間、梅毒で10-90日、膣トリコモナスは1-2週間程度、尖圭コンジローマは約3ケ月程度とされています。
性交渉後症状が現れるまでの期間と、症状の傾向から性病の可能性がある場合には、医療機関を受診することが早期発見につながります。

それでは実際の検査はどのような方法で行われるのでしょう。
性病検査では、血液や尿、オリモノ、のど粘膜から検体を採取する方法が実施されます。
性器ではない、のど粘膜も検査対象とするのは、粘膜同士の接触があれば性器に限らず口腔内部でも性病による病変をしばしば伴うからです。

性病に関する検査として最も一般的なのは、血液検査です。
血液検査では梅毒や性器ヘルペスの検出に役立ちます。
男性では尿道を介して性病菌の排出が見られるので、尿検査もよく行われる検査です。
淋病の検査に行われます。

女性ではオリモノの採取による検査が実施されます。
女性の性病ではオリモノの形状や臭いに変化をきたす傾向が強いためです。
具体的には膣内部の粘膜部分を綿棒状の器具で軽くこすって膣分泌物を採取します。
膣カンジダ、膣トリコモナス、淋病などの検査の際に選択されます。

性病は発見が遅れると治療も長期化します。
わずかな体調変化も軽視せず、早期発見を心がけましょう。