クラミジアを放置することで起きる体への影響

クラミジアは、細菌が原因で起こる日本の中で最も感染者が多い性病です。
10代から20代で感染者が多いのですが、これはクラミジアが症状が出にくいため、気が付かないうちにパートナーに移してしまう事が多いからでしょう。

10代の場合、性病かもしれないと思っても誰かに相談するのは恥ずかしい、病院に行くのは怖いなどと考えがちです。
しかしクラミジアを放置してしまうと、様々な症状が起こってしまうため注意しましょう。

男性と女性とでは症状は少し異なっています。
男性が症状が出る場所は尿道であり、尿道の痒みや痛み、また膿が出てくる事があります。
このような症状が出ても放置してしまうと、前立腺が炎症を起こして残尿感や頻尿、排尿痛が起こり熱もでてしまいます。
他にも、精液に血が混じる血精液症、精巣上体が腫れあがる精巣上体炎になる事もあります。
精巣上体炎になってしまうと男性不妊症になる事があるので警戒が必要です。

女性がクラミジアに感染すると、子宮頚管へ感染してしまい、子宮頚管炎を起こします。
白や黄色のおりものが増えたり、腰痛や腹痛が出る事もあります。
しかし、女性の多くがクラミジアに感染しても気が付かない事が多く、そのまま放置してしまうと卵管炎や子宮外妊娠、不妊症などを起こす恐れも出てしまいます。
症状が酷くなると、骨盤腹膜炎や肝周囲炎を引き起こす事もあるので、放置はとても危険です。

クラミジアに感染すると性器に症状が現れるだけでなく、実は咽頭にも症状が出てしまいます。
女性が男性の性器を口にする事によって、感染が広がってしまう事があるので覚えておきましょう。
咽頭に感染すると、咽頭炎や扁桃腺炎を起こし、喉の痛みや発熱などの症状がでます。

クラミジアは、自然治癒は基本的に期待できないため、異変を感じたらすぐに受診が必要です。
自然治癒を待っているうちに悪化してしまうと、治療が長引いてしまう事になります。
クラミジアは抗生剤を1週間ほど服用すれば治す事ができる性病なので、早めに医師に相談しましょう。

クラミジアの放置で不妊症になることもある?

クラミジアは、クラミジアトラコマチスという細菌が原因で起こる性病です。
症状が出にくいのでパートナーに移しやすく、感染者が多いと言われています。
クラミジアを放置してしまうと、男性は前立腺炎などの症状を引き起こし、女性は子宮頚管炎や子宮外妊娠などの原因となってしまいます。

それだけでなく、男性も女性も不妊症になってしまう恐れがあり、とても注意が必要な病気です。
特に女性が不妊症になってしまうと、心にも大きな傷を負う事も考えられます。

不妊症になる経緯ですが、クラミジアに感染すると子宮頚管から子宮、卵管、卵巣とどんどん身体の奥に菌が侵入します。
卵管は卵子の通り道ですが、クラミジアに感染すると卵管周辺が癒着することで卵子が通れなくなり、受精できなくなってしまいます。
それによって妊娠が難しく、不妊症になってしまうと言われています。

ここまで症状が悪化する事はあるのかと疑問に思うかもしれませんが、症状が出にくいため、症状が悪化するまで感染している事に気が付かないという人は沢山います。
感染の大きな原因は性行為ですが、コンドームを使用する事によって感染を防げるようになります。
性行為の際には必ずコンドームを使用し、また定期的に感染していないか調べる事によって、感染を防げるようになります。

クラミジアに感染していても80%の人が症状を感じていないので、自分は大丈夫だと思わない事が大切です。
誰かに相談したり、病院に行くのは恥ずかしいと感じてしまいますが、一時の恥ずかしさで不妊症になっては一生後悔してしまう事になります。
クラミジアは早めに治療すれば完治できる性病なので、勇気を出して治療を受けるようにしましょう。