クラビット服用における注意点

クラビットは抗菌スペクトルの広いニューキノロン系抗生物質で、細菌による感染症の治療に用いられる経口薬となっています。
特に呼吸器感染症に強く、肺炎球菌やレンサ球菌に有効です。
また、クラミジアや淋菌などによる尿路感染症、リンパ節炎といった皮膚感染症に加え、耳鼻科での領域でも使用できるほど幅広いため、様々な治療で用いられる治療薬です。

抗生物質の中では副作用が少ないことで知られ、使い勝手の良い飲み薬として知られていますが、それでも少なからず副作用のリスクがあることは注意しなくてはいけません。
報告されているものには不眠、めまい、頭痛といった軽いものや吐き気、下痢、腹痛、発疹などが知られ、有効成分であるレボフロキサシンによるアレルギー反応を示すこともあるので注意しましょう。
他の抗生物質であるペニシリンやマクロライドとは違うので、薬剤アレルギーのある人は回避する手段として利用することはできますが、過去に過剰反応を示した人は予め調べておくことが重要です。
肝腎機能に障害を抱えている人、60歳以上の高齢者は副作用が出やすい傾向にあるため、用量や用法に注意することになります。

重篤な副作用が出たという報告はありませんが、手足のしびれ、喉の痛み、全身の倦怠感といったものが発生することがあります。
光線過敏症が出たという症例もあるため、使用して異常を感じたら服用を中止してかかりつけの医師に相談する必要があります。
持病としててんかん、けいれん性の症状、無力症、重度な心臓病を患っている人が服用すると症状が悪化することもあるので、使用を見合わせて慎重に投与することになります。
アルミニウムやマグネシウムを含む胃腸薬、血液凝固薬のワルファリンなどと併用するのは禁忌となるので注意しましょう。